人気ブログランキング |

吉祥寺クローバークリニックスタッフブログ

colvercl.exblog.jp

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ

カテゴリ:スタッフ雑記( 914 )

新メンバー🌳

みなさま、こんにちは。児島です。

クリニックにいらっしゃっている方はお気づきかと思いますが、当院では8月の開院祝いに合わせ、新メンバーを迎えました。それがこちら!

b0117785_11311297.jpg

青々とした観葉植物です!
みなさんはこちらの植物は見たことはありますでしょうか?
(私は全然知らなかったのですが)こちらはクルシア・ロゼアという、原産は南アフリカの植物で、日本ではまだまだ新人だそうです。肉厚でまあるい葉っぱがかわいらしい植物ですよね(^^)/

現在、受付でドドンッとみなさまをお迎えしていますが、しばらくしたら別の場所に移動する予定です。
どこに移動するかは未定ですので、ぜひ受付にいる間に愛でて頂ければと思います(^^♪



また当院では通常の休診日と合わせまして、明日8/11~8/19まで夏季休診をいただいております。ご不便・ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。



by clovercl | 2019-08-10 11:45 | スタッフ雑記 | Comments(0)

一杯のお味噌汁

みなさま、こんにちは。野口です。

連日の猛暑で熱中症になる方が大変多いとニュースで言われています。この暑さですから、室内にいてもエアコンを適切に使わないでいると、体が非常に危険な状態になりますよね。
さて、熱中症予防にはこまめな水分補給、適切な温度調整はもちろんですが、塩分補給も大事になることはご存じかと思います。塩分補給、みなさんはどうされていますか?
私は最近、お味噌汁を飲むことで塩分補給をしています。味噌の塩分がちょうどよい感じで、汗で失われたナトリウムを補ってくれるのでは?と期待しているのです。

そして同時に、ごはんのおともにもお味噌汁はぴったりなので気に入っています。食事の支度というのはなかなか大変で、ついつい面倒くさくなってしまいがちです。テレビでおなじみの料理研究家 土井善晴さんは、普段の食事はごはんと具沢山の味噌汁と、漬物などの一菜があれば十分という「一汁一菜」スタイルを提案しているそうです。これを聞いた時、私は「それならできそう!」と思いました。
以来、冷蔵庫にある適当な具材を使ってお味噌汁をよく作ります。最近ハマっているのは、豚肉を入れてトン汁風にするお味噌汁ですね。野菜も沢山入れるとボリュームも出るし、豚肉からいいコクが出るので結構食べ応えのある一品ができますよ♪

熱中症予防に十分気を付けて、元気に夏を過ごしていきたいですね。みなさんもぜひ具沢山味噌汁、お試しください(^^)

by clovercl | 2019-08-09 16:26 | スタッフ雑記 | Comments(0)

岩石の博物館

皆さま、こんにちは。伊藤です。

週末、つくばの国立産業技術総合研究所に行ってきました!
b0117785_16455244.jpeg
広大な敷地を歩くと・・・お目当ての場所につきました!
b0117785_16455508.jpeg
地質標本館です。
こちらでは、日本の地質に関するものが、地層や火山、鉱物など様々なテーマで展示されています。
専門的な知識や、実際に使われている研究手法なども見ることができるのですが、一般の人がわかるような工夫がされているので新たな気付きを得ながら理解していくことができます。
私は特に岩石が好きなので、自宅から持参した岩石の図鑑を片手に実物を見られるという体験がとても贅沢だな~と思いながら存分に楽しみました。
岩石を触れるコーナーもあり、いくつもの岩石の質感を触り比べられる機会はなかなか無いので感動していたところ、岩石に熱中している私に職員の方が気付いて解説をしてくださいました^^
どの地方の花崗岩はこちらの花崗岩よりも年代が新しくて・・・などなど勉強になる話をたくさんお聞きして、満足して家路につきました。

ちなみに、帰りの電車で初めて気付いたのですが、私が持っていた図鑑、地質標本館の研究員の方々が書いている図鑑だったのです!
あの時説明してくださった職員の方は、もしかしたらこの本の著者だったかもしれませんね。
とても良いところだったので、もっと岩石について知識を増やして再訪したいと思います。


by clovercl | 2019-08-08 09:33 | スタッフ雑記 | Comments(0)
みなさま、こんにちは。野口です。

昨日の7月24日、いよいよ来年の東京オリンピックまであと1年という日が来たそうです。
2020年7月24日がオリンピック開会式、8月25日がパラリンピック開会式とのこと。

b0117785_15111427.jpg

今朝(7月25日)、吉祥寺駅構内のカウントダウン表示を見たら「365日」と出ていました。
あれ?でも昨日が1年前なのに、今日も365日前?・・・と思ったら、うるう年があるので昨日の時点で366日前なのですね。

さて、オリンピック、どうなるのでしょうか!? ワクワクドキドキ、期待に胸を躍らせる反面、私たちの日常生活はオリンピックで何か影響をうけるのかなと多少の心配もよぎります。
例えば交通機関。オリンピック期間中は選手や関係者はもちろん、多くの観客が東京に集まるので、交通機関の混乱が予想されています。普段通りに移動することが難しそうですね。それもあって、各企業などではテレワーク(在宅勤務)を導入したりと何らかの工夫をしているようです。
また、道路も混みあうので流通にも支障をきたしそうですね。配送に時間がかかって、お店では商品が品薄になったりするかもしれません。
さらには天候の懸念。オリンピックは真夏に行われますので、猛暑の東京で安全に開催できるかが非常に気になります。観客の私たちも熱中症になったりしないよう、十分な注意が必要になりますね。

・・・と心配の方が数多くなってしまいました。でもせっかくの日本での開催ですから、オリンピックの貴重な機会を楽しみたいものです。あと1年、どんなことになるのかなと想像して、いろいろな準備をしてその日を待ちたいと思います♪

by clovercl | 2019-07-25 16:30 | スタッフ雑記 | Comments(2)

びっくり!

みなさま、こんにちは。児島です。

昨日は朝と夕に雨が降り、昼は夏らしく晴れるという、なんとも不思議な天気でしたね。
通勤時も雨が降っていたのですが、クリニックのあるビルに着いて傘を閉じようとしたところ、思わず「びっくりした151.png!」と声を出してしまいました。

というのも、いつもはそこにいないはずのものがいたから、です。

b0117785_09395649.jpg

写真で一目瞭然かと思いますが、なんと猫が雨宿りをしていました。まさか生き物がいるとは思わなかったので、とてもビックリ!
ですがこの猫、中道通りに精通している方なら見覚えのある猫かもしれません。というのも、


b0117785_09394850.jpeg

エントランスから見た景色です。クローズアップしますよ!

b0117785_09395254.jpeg

おや、おやおやおや?

b0117785_09395860.jpg

あー!あの猫です!!!

そう、この猫、中道通りのこの路地にいつもいることで有名な猫。車が来ようが人が来ようが、道路の真ん中にデデンッと居座る、度胸のある猫ちゃんなのです。

いつもは向かいの通りにいるので、エントランスから眺めたりしているのですが、今回はまさかのクリニックのビルの目の前!思わず写真を撮って、一撫でさせていただきました(ただ猫アレルギーなのですぐに洗いました145.png )。

朝から癒されて1日分のやる気がわいた、ビックリ出来事でした110.png









by clovercl | 2019-07-20 09:50 | スタッフ雑記 | Comments(2)

いつも心にユーモアを

みなさま、こんにちは。伊藤です。

”ユーモアを持つのが大切”、よく聞くフレーズです。
ただ、わかってはいてもそんな気分になれないということもあるかもしれませんね。
特にネガティブな気分のときにユーモアを持つことは、なかなか難しいことのように思えます。

”ユーモアを持って生きる”ことを過酷な環境で実践した人がいました。
彼の名はヴィクトール・フランクル。オーストリア出身の精神科医であり心理学者でもあります。
フランクルが生きた時代は第二次大戦の最中。ドイツで勤務していた彼はやがてその職を解かれ、そして家族とともに強制収容所へ送られます。フランクルの代表作『夜と霧』は、その強制収容所での経験を記したものです。
フランクルを待ち受けていたのは過酷な日々でしたが、彼はその経験について、ユーモアを持つことが重要だったと振り返っています。
フランクルをはじめとした当時の人たちが被った経験は過酷だったに違いありませんし、もちろんユーモアがあれば大丈夫だなんてことは決して言えないでしょう。
ただ、フランクルがユーモアに着目したという事実から学べることがある気がします。

フランクルはロゴセラピーという心理療法の創始者でもあり、生きる意味を見出すことを重んじた人です。彼はどのような状況であっても柔軟な視点を持ち、時にユーモラスに物事をとらえていくことの大切さを伝えてくれているのではないでしょうか。
柔軟な視点を持つという考え方は、認知行動療法にも通じるものがありますね。
しんどい時ほど、心にユーモアを携えて過ごしていきたいものです。


by clovercl | 2019-07-18 11:49 | スタッフ雑記 | Comments(0)

趣味について

みなさま、こんにちは。野口です。

突然ですが、あなたの趣味はなんですか?
え?趣味か・・・と戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんし、〇〇!と即答できる方もいらっしゃるかと思います。そして、他の人の趣味というのも気になりませんか? 直接きかなくとも、コミュニケーションを取るうちに何となくわかってくることもあります。クリニックのスタッフでいうと、児島さんはカメラが好きですね。このブログでも素敵な写真をよくアップしてくれています。そして伊藤さんはどうもかなりの読書家らしいですね。本好きな人…憧れてしまいます。
私はというと、趣味的なものとしては音楽が挙げられますでしょうか。実は学生のころからバイオリンを始めて、今も趣味で社会人オーケストラでバイオリンを弾いています。と、こういうことを何かの機会にお話しすると、多くの方が「素敵ですね!」「すごーい!」など言ってくださるので(リップサービス?)、ちょっとくすぐったいような気持ちになります。

ここのところ、週末の日曜日は半日ほど、オーケストラの練習に参加するというのが私の日常です。仕事から離れて、まったく違うことをするのがリフレッシュにちょうどよいですし、頑張って練習した成果を本番の演奏会で披露できるのも嬉しいです。
と、最近は楽しく趣味活動ができているのですが、以前は少し違っていました。大学卒業後からほとんどの時期をオーケストラで活動しているのですが、アマチュアオーケストラ業界事情を少し説明すると弦楽器は慢性的な人手不足でして、私も複数のオーケストラを掛け持ちしてたくさんの曲を弾かないとならない(←ここ大事)と思って、実際にそうしていたのでした。しかし、大人になってから始めた楽器なので、そこまでスラスラと弾けるわけではありません。そのうち、毎週の練習そのものが負担に感じるようになってしまいました。
せっかくの休日なのに、なんでこんな大変なことをしないとならないのだろう…と、限界を感じたものです。そこで、いったん活動量を減らして、無理のない範囲でできるようにしようと変えてみました。

そうこうするうち、気持ちの上でも変化がありました。以前は「上手に弾けない…」とか「下手だからあまり目立たないように、邪魔にならないように演奏しよう」といった考えが頭のどこかにあり、自分から積極的に演奏するという姿勢ではなかったのでした。当然、楽しむというより、”〇〇しなければならない”という義務感が強かったように思います。休日に趣味でやっていることなのに、なぜか必死になってしまい、自分を苦しめていたのかも知れません。
でも、本来の音楽、特に合奏は皆が意思をもって音を出し、合わせることによって一つの音楽を作り出します。下手なことをしないようにと委縮するのではなく、技術的には拙くあっても自分がこの曲をこう演奏したい!と意思をもって取り組む方がはるかに音楽的ですし、そうしていたらオーケストラ活動自体がとても楽しくなってきたのでした。

そんな経緯がありまして、かれこれずいぶん長くバイオリンを弾いてきたのですが、今になるとこの趣味があってよかったなぁと心から思います。途中で負担になって完全に辞めてしまっていたら、ただのつらい思い出になっていたかもしれません。また、ここまで書いてきたように、いろいろな経験をし、物事を考え、行動してみる、というプロセスを経て様々な気づきを得ることができたのでした。
私にとっての趣味のオーケストラ活動を、これからも楽しく続けていけたらと思います。

b0117785_12171390.png

by clovercl | 2019-07-12 16:30 | スタッフ雑記 | Comments(2)

風鈴

みなさま、こんにちは。児島です。

ここ数日は気温も下がり、過ごしやすい天気が続いていますね。大汗をかくこともなく、寒さに震えることもなく、丁度いい気温です。
ただこの涼しさが終わったら一気に暑くなるのかと思うと、少し億劫になりますね(^^;

そんな来る夏の暑さを紛らわせてくれる飾りものといえば、先日投稿した金魚提灯に加え、風鈴でしょうか🎐
先日川越氷川神社さんにお邪魔したところ、風鈴の催し物が行われていました。

b0117785_09560913.jpg

何か所かに分かれて、色とりどりの風鈴が飾られていました。この日はあいにくの雨でしたが、晴れの日にそっと風が吹いたら、風が風鈴をさらってとても趣深いでしょうね^^

視覚・聴覚的に暑さをしのぐためにも、1つ風鈴を飾ってみようかな、と思えた週末でした。




by clovercl | 2019-07-11 10:34 | スタッフ雑記 | Comments(2)

本を読む

皆さまこんにちは。伊藤です。

みなさんは、本はお好きですか?
私は本が好きです。本屋さんに行くのも好きです。
本屋さんに行くと、すごくわくわくしますね。あの大きな本棚の間に立つと、まだ読んだことがない本がこの世にはたくさんあるんだなあと思って期待に胸が膨らむ感じさえあります。
自宅の本棚もまた良いですね。次に読むぞと決めてある本がスタンバイしているのも良いですし、以前に買ったのを忘れていて自分の本棚なのに「こんな本あったんだなあ」なんて思いながら読み始めるのもなかなか楽しいです。
本は季節や空模様に左右されないというのも良さです。晴れた日に日差しを感じつつ電車に揺られながら読むのも良いですし、しとしと雨が降る日に家の中で読むのも良いですね。
もう少し梅雨は続くようですから、今のうちに雨降りの日の読書を楽しみたいものです。




by clovercl | 2019-07-10 11:48 | スタッフ雑記 | Comments(2)

言葉について

皆さま、こんにちは。伊藤です。

先日、四方田犬彦さんの『詩の約束』という本を読みました。
詩の評論のような形式で、何人もの詩人の方を引用しながら詩について色々な視点で書かれているのですが、言葉を綴るという営みがどれほどの深さなのかを感じられる良い本でした。
この本を読みながら私が考えていたことは”言葉”についてです。

言霊という言葉で表されるような、口に出すとそれが現実のようになってしまう感覚って、なんとなくわかる気がします。
例えば幸せな出来事について語るとき、心はその出来事を再体験したように幸せな気分になります。反対に、誰かのことを悪く言うときには、心の中では憎らしさが湧き上がってくるかもしれません。
小さな子どもが成長していく過程を見ていると、私たちが使っている言葉はもともとは自分の外から取り入れてきたものなんだということを実感します。リンゴを食べたときに”リンゴ”という名を知り、転んで痛みを感じたときに近くの誰かが「痛かったね」と声をかけてくれたことでその感覚が”痛い”というものなのだと知るように、一つ一つ覚えてきた言葉が自分の中にあるのだと思います。
そんな風に、学んだり、本を読んだり、経験を重ねながら、今までの人生で言葉をたくさん覚えてきました。
そう考えると、言葉はこれまでの自分の記録のようにも思えますね。
これからも日々の暮らしの中で、素敵な出来事を語る言葉や自分の気持ちを理解するための言葉をたくさん集めていけたらいいなと思います。

by clovercl | 2019-07-05 09:35 | スタッフ雑記 | Comments(0)

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ


by clovercl