人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一汁一菜でよいという提案

最近、ネット上でとても気になる広告を見ました。
某家電メーカーの炊飯器の広告なのですが、一般の方からのご飯に関する質問に料理家の土井善晴先生が答えるというものです。

「このごろ忙しくて、何を食べても美味しく感じません。どうすればいいでしょうか」
そんな質問に土井先生が柔らかい口調で答えます。
「よっぽど疲れてんのやと思いますよ。そんなときこそ食材に手を触れて、簡単なみそ汁でいいからおつくりになって。そうしたら何一つ、自分を傷つけるものが入ってないんですよ」

温かいみそ汁とご飯があれば、それだけでごちそう。それを食べれば、ほっと安心しますよ、と先生は言います。
土井先生独特の優しい話し口調で、温かい言葉をかけてもらえているみたいで、広告なのに見ているとジーンとします。なんだか、ご飯を炊こう!具沢山のみそ汁を作ろう!と本当に思えてきます。
ちなみにこの広告には、ネット上でも「涙が出た」「土井先生、優しい…」「癒される」などなど賞賛の声が続々と届いていました。

土井先生、以前に「一汁一菜でよいという提案」という本を書かれています。前から知っていたのですが、この広告を見て改めてちゃんと読みたいと思い、手に入れました。温かいみそ汁でご飯を食べてから、本を読みたいと思います。

by clovercl | 2020-11-20 12:55 | スタッフ雑記 | Comments(2)  

Commented by のび太 at 2020-11-22 05:37 x
温かい味噌汁、それだけで御馳走ですね。
私は毎朝の味噌汁の具はいつもこだわっています。
ご飯は少なめです( 笑)
Commented by clovercl at 2020-11-24 09:34
> のび太さん
コメントありがとうございます。
好きな具材の美味しい味噌汁は、あるだけでうれしいですよね。
ご飯少なめというところも健康志向でいいですね!
野口

<< 好奇心をもって世界を捉える いつもとちょっとちがう秋 >>