梅雨の悩み

みなさま、こんにちは。山本です。

昨日、一昨日と二日連続して雨が降り、我が家では梅雨時期ならではの「洗濯問題」が発生しています。
洗濯量が半端なく(-_-;)、乾ききらなかった洗濯物たちが、各部屋のかもいに干され、
のれんをかき分ける、あるいは、隙間をぬうように各部屋を行き来するのも結構ストレスです(笑)。
しばらくは、この状況が続きそうです。

それに加え、台風や梅雨の時は喘息が悪化しやすく、体調面でもすっきりしません。
先日、風邪気味で少し疲れているような気がしたので、「コーピング(=ストレス対処法)をしよう!」と張り切って、
お気に入りコーピングである「リポビタンDを飲む」を実践しました。

ところが、喘息で気管が弱っていたようで、半分も飲み切らないうちに、むせて咳が止まらなくなり(笑)…、かえってテンションが下がる結果になりました。。。

コーピングは「質より量」と言われていて、強力なコーピング1つだけよりも、大したことないコーピングをたくさん持っている方がストレスには強い、と言われています。

まさに、今回の件はよい例だと思いますが、
「リポビタンDを飲む」のは私のお気に入りのコーピングで、しかも効果も高いものです。

でも、そのコーピングが万能とは限りません。その時の体調や置かれている状況によっても、使えるかどうかは変わってきます。
1つのコーピングに頼りすぎず、場面と状況に応じて、いくつかの選択肢の中から選べるくらいレパートリーを多く持っておくとよい、
ということを切実に感じた出来事でした。

梅雨時期の洗濯問題も喘息も、まだまだすっきり解決!とはいきませんが、
「“問題が大きくなりすぎない範囲”にとどめられればよし」というくらいの気持ちで、気長に前向きにやっていきたいと思います。

[PR]
by clovercl | 2018-06-12 15:46 | スタッフ雑記 | Comments(0)

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ


by clovercl