いろんなお仕事

みなさま、こんにちは。野口です。

昨日、何気なくテレビを見ていたら、いろいろな職業について紹介をしていました。
「へー、こういうお仕事もあるのだなぁ」と興味深く見たのですが、
とくに牛の削蹄師の方が気になりました。

削蹄というのは、動物の蹄(ひづめ)を削ることです。
競走馬では削蹄をするのを聞いたことがあったのですが、
今回の方は乳牛の削蹄を専門にするプロということでした。

なんでも現代の酪農は農場で飼う牛の数が増えたので、
放牧はせずにコンクリート床の屋内で飼育されるのだそう。
そうすると蹄が伸びすぎると曲がってしまったりして、
牛がしっかり歩けなくなってしまうのだそうです。
すると運動不足になり、おいしい牛乳を生産できなくなってしまうとのこと。

だから適切に削蹄するのがとても重要なんだそうです。
プロの削蹄師の方は専用の大きな機械をトラックに載せながらあちこちの農場へ赴き、
一頭ずつ乳牛の足の蹄を素早く丁寧に削っていました。

なかなかの重労働ですし、専門的な技術も必要です。
でも腕一本で仕事している(いや機械も使いますけど)女性は
とてもかっこよくて、自信に満ち溢れていました。

世の中には本当にいろいろな仕事がありますね。
私自身は同業者や医療関係者、学校の先生くらいしか
仕事ぶりをよく知る職業はないのですが、
リワークプログラムに参加する皆さんも実にいろいろなお仕事に就かれていて、
お話を聞いていると興味関心がわくことばかりです。

缶コーヒーのCMではないけれど、世界は本当にいろんな人の仕事で
成り立っているのだなあと思わされました。

[PR]

by clovercl | 2018-04-21 11:54 | スタッフ雑記 | Comments(0)