吉祥寺クローバークリニックスタッフブログ

colvercl.exblog.jp

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ

わからないことは聞いてみよう

みなさま、こんにちは。野口です。

先日のブログで”うまく付き合っていくもの”について書きました。
その時は、手術をしたひざの痛み(と”くせ毛”)について書いたのですが、
他にもありましたよ!
今の時期、最大限に上手に付き合っていくしかないもの、花粉症です!

このブログでは花粉症といえば山本さん(?)ですが、
私ももう長いこと春は花粉症に悩まされています。
ですが、幸いなことに比較的に軽症なようでして、
市販のアレルギー薬を飲んでいれば、症状は大体収まります。

毎年のことですから、「今年も花粉症、きたな~」で済んでいますが、
もしも私が人類で初めて花粉症になった人だったら(!)、どうなっていたでしょう。
ちょっと面白そうなので想像してみました。

「なぜ急にくしゃみと鼻水が出るようになったのだろう?」
「風邪かな?でも喉は痛くないし、熱もない。風邪のような寒気もない」
「いつまでも収まらないな。もしかしたらもっと重症化するのかな?」
「もしも命に係わるような病気だったらどうしよう・・・」
「一生、鼻水とくしゃみが出続けるのかな・・・」
なんて考えそうです。

きっと周りに誰も同じ症状を持つ人はなく(人類で初めてだから)、
大きな不安に駆られることになりそうです。
病院にいっても正体不明です、と言われるのでしょうか???

こんな想像をしてみてわかったのは、
困難なこと(くしゃみと鼻水)があっても、それがどういう原因で起きているのか、
またこれから先どうなっていくのかがわかれば、不安に振り回せることはないということです。

「この症状は花粉症。スギ花粉に反応して、アレルギー症状が現れてるのだ」
「花粉に触れないようにすれば症状は緩和される。マスクをしよう」
「花粉の飛散が終われば症状も収まる。4月までの辛抱だ」
「アレルギー症状を抑える薬を飲もう」

見通しをもって、適切な対処法を取れば恐れることはないですよね。
つまりは正しい知識を持っているか、が重要なのだと思います。

花粉症について正しい知識を得る、そのためには詳しい人に聞くのが一番。
また花粉症かどうかわからなくても、体調不良があれば耳鼻科や内科を受診するのが得策ですね。

”わからないことは聞いてみよう” 知識を得られれば、それだけで心の余裕が違ってきます。

[PR]
Commented by のび太 at 2018-03-21 07:58 x
わからないところは、、この文を読み同感です。私も知らないところは人に聞くように心がけています。そうすることによって大きな発見があるからです。
Commented by clovercl at 2018-03-24 16:35
> のび太さん
コメントありがとうございます。人に尋ねるのはちょっと恥ずかしい気持ちもするのですが、確かに大きな気づきを得る事はよくありますよね。「きいて良かった」と思える事が、また次の質問する姿勢につながるように思います。
by clovercl | 2018-03-16 15:37 | スタッフ雑記 | Comments(2)

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ


by clovercl