かいぼり

みなさま、こんにちは。野口です。

クリニック近くの井之頭公園の池を「かいぼり」しているという情報を聞いたので、
さっそく見に行ってきました。

「かいぼり」って皆さんご存知ですか?
池の水を全部抜いて池底の土を乾かしたり、ごみを取り除く作業のことだそうです。
私もあまり知らなかったのですが、数年前と、また最近もかいぼりを
していると聞いたので興味がわきました。

昨日のお昼休みに池を見に行くと、こんな様子でした。

b0117785_10280901.jpg

b0117785_10282119.jpg

どうも昨年の12月末から水を抜いていき、1月に魚を捕獲、
そして今は池底を天日干ししている状況のようです。
チョロチョロと水が流れていますが、池のほとんどは水がなく
空っぽといった感じです。
なんだか見慣れないので不思議な光景ですね。

このかいぼりは「生態系の回復」と「水質改善」を目的にしているそうです。
外来種の魚などは捕獲し、元から池にいた在来種の魚だけをまた後で放流することで
元々の生態系に近づけていこうという試みなんですね。
また、水を抜いて池底を干すことで水質改善にもつながるそうですよ。

3月には水を戻すみたいですので、桜の咲く頃にはまたいつもの
井之頭池の姿に戻っていることでしょう。
お花見がまた一層楽しみになりました。

[PR]

by clovercl | 2018-02-16 10:50 | スタッフ雑記 | Comments(2)

Commented by のび太 at 2018-02-18 08:47 x
この言葉を初めて知りました。どんな生物がいるのでしょうね。いつか訪れたいものです。
Commented by clovercl at 2018-02-21 15:48
> のび太さん
コメントありがとうございます。井之頭池の在来種はフナ、コイ、スジエビ、テナガエビなどがいるみたいですよ。外来種のブラックバスやブルーギル、アメリカザリガニなどが捕獲されるようです。しばらく前のブラ〇モリでは、最近水がきれいになって「イノガシラフラスコモ」という藻が復活したといってました!
野口