人気ブログランキング | 話題のタグを見る

みなさま、こんにちは。高橋です。
だんだんと日差しが強く、暑くなってまいりました。朝、出勤するときにも駅からの道のりはそんなに長くないのに、暑いな~と、ついつい涼しそうなコンビニに寄り道してしまいそうになります。

台風が吉祥寺の街を通り過ぎた日には、空に虹が見えました。ご覧になった方、いらっしゃいますか? 虹は出てもすぐに消えてしまうので、はかないけれど、見られると嬉しいですよね。

ところで、虹を見ると思い出す詩があります。
原作者不詳ながら、ペットを失った動物愛好家の間で知られている『虹の橋』です。少しご紹介しますね。

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行きます。
食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回ります。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のこと。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをします。死んでしまった飼い主は、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていきます。

日本でも絵本になっているので、興味のある方は本屋さんで見てみてください。

by clovercl | 2014-07-26 07:20 | スタッフ雑記 | Comments(2)  

Commented by のび太 at 2014-07-31 08:56 x
素敵な話ですね。心が癒されました。
Commented by clovercl at 2014-08-22 15:31
のび太さま コメントありがとうございます。私は絵本を本屋さんで読んだのですが、その場でうるうるしてしまいました。

<< ご当地名物 ご挨拶 >>