人気ブログランキング | 話題のタグを見る

発想転換

みなさま、こんにちは。山本です。

今年はついに、遮光1級!の日傘を買いました。傘の下にいると、感じる温度がだいぶ違います。
これで少し外での歩行も楽になりそうです^^。

さて、こちらが光合成をしている今朝のゴーヤたちです。
発想転換_b0117785_9585432.jpg

今日はこのゴーヤのエピソードを使って、認知行動療法のお話をしたいと思います。

このゴーヤ、
花は咲くのですが、雌花が見当たりません。
そのため、実がつく気配もしないんです(>_<)。
こういう状況を目にして思うことは、

「なんで大きくならないんだろう。なぜ実ができないんだろう」
「ちゃんと摘心もしたのに。。。自分のやり方が何か間違っていたのか」
「私の育て方がよくないのか・・・」

こんな風に“ネガティブ”な考え(認知)が頭の中に湧いてきます。

みなさんもこんな風に否定的な考えが次々出てきて、それらがぐるぐる頭の中を駆け巡ることはありませんか?

“ネガティブ”な考えが湧いてくると、その“考え”は、“気分”を引き連れてきます。
たいがい、ネガティブな“考え”のときは、ネガティブな“気分”です。

“ネガティブ”なことを考えると、落ち込んだり、悲しくなったり、後悔したり、色んな感情が引っ張り出されてきますね。
人によっては、他者への怒りになることもあるかもしれません。

この“気分”が小さいうちは、すぐに消えて忘れてしまいますが、しばらくするとまた顔を出すことがあります。そうやってだんだん出てくることが多くなるとネガティブ“気分”はどんどん大きくなります。
そうなってしまうと、なかなか大変です。

では、こんなとき、どうやってこのネガティブな気分から脱出することができるのか??

認知行動療法のひとつの方法として、「自分の考え(=認知)」を切り替える、という方法があります。

例えば、先ほどのゴーヤの成長が遅いことを嘆いている私の場合で言えば、

『「大きくなっていない」と思っていたけど、過去の写真と比べてみると確実に成長している。新しい蕾もたくさんできている。この時点で先の希望を捨ててしまうのは早すぎる』

というように、何か見落としていた事実がないか、物事を別の視点から眺めてみます。

他にも
『例え実がなっていなくても、こんなに癒しを与えてくれているのだから十分ではないか」
『「もし実がついたら~」、と想像する時間がたっぷりあると思えば、それも悪くない』

こんな風に考えてみると、ゴーヤの成長もゆったりとした気持ちで見守れそうです。

ちょっとした発想転換が、カギですね。

by clovercl | 2012-07-27 10:51 | 認知行動療法 | Comments(3)  

Commented by toyaman at 2012-07-28 05:53 x
暑中お見舞い申し上げます。
って先日TBSでキャンディーズの懐かしい映像が流れていました。南沙織や山口百恵の映像もあって、思わずTVに見入ってしまいました。
さて今週の週刊ダイヤモンド(7月28日号)で「うつ」の特集をしています。経済誌の見方も、何かの参考になるのではないでしょうか。このコメントを読まれたときには、すでに翌週号が店頭に出てたりして・・・。
オリンピック観戦で眠れぬ夜が続きますが、睡眠は十分とりましょう。
Commented by のび太 at 2012-08-06 17:38 x
参考になりました。発想転換ですね・・・。
ありがとうございます!
Commented by clovercl at 2012-08-07 16:19
>toyamanさま

暑中お見舞い申し上げます。
連日のこの暑さに、少々バテています(*_*)。
「うつ」特集は、やはり反響が大きかったのではないでしょうか。社会での「うつ」への正しい理解が促進されることを願っています。

オリンピック観戦、毎日楽しんでいます^^。おっしゃる通り、睡眠には十分気を付けたいと思います。

>のび太さま

発想転換は、時間や場所を選ばず、お金もかからないところが良いところだと思います。ほんのちょっとした考えの転換で、気分がガラッと変わる体験をすると、この良さが実感できるように思います。おすすめです!(^^)!

山本

<< 祝*開院5周年 暑中お見舞い申し上げます。 >>