人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『蒸し暑い電車の中で快適に過ごすには?』

みなさま、こんにちは。山本です。
ここのところ天気がいいですね(^^)♪それだけで気分もスッキリします。
気温もぐんぐん上がってきましたが、時間帯や電車の路線によっては冷房や空調が切られており、少し蒸し暑さを感じるようにもなってきました。
五月でこれでは…真夏にはどうなってしまうのか!?
とそこで、『蒸し暑い電車の中で快適に過ごすには』どんなアイディアがあるか?を考えてみました。

暑いとイライラしやすくなることから、「電車内にα波の出る音楽を流す」というのはどうでしょうか。日によって曲が違ったら、ちょっとした楽しみになるかもしれませんし。
あとは、やっぱりモワッとした湿気、汗の匂い対策として、「アロマ車両を導入する」。わたしはカモミールの匂いが希望です。

そういえば昔の電車には扇風機がついていましたが(もしかして地方の電車だけ?!)、扇風機をまた設置したらどうですかね。できるかはわからないですけど、「車体の上にソーラーパネルをはってそこで発電所した電気で扇風機を回す」。なかなかエコでいいですね(^.^)。それと、最近ベランダの軒下に朝顔とかのツタ植物を植えることで日よけにしている家もあるようなので、「車体にツタを這わせて涼しくする」というのもいいかもしれません。私はゴーヤ電車を提案したいですが。

あとは、「冷房車両とそうでない車両を作って、冷房車両に乗りたい人は100円払う」。追加料金として徴収したものは義援金として東北へと送ります。ただ、涼しさをお金で買うというのはちょっと気分的にスッキリしないですね。
あとはやっぱりクールビズでしょうね。夏はみんな「アロハシャツを正装」としたらいいんじゃないかと思います。色もカラフルで日本のサラリーマンが元気になりそうな気がします。通気性も良さそうなイメージですね。
あとは最近テレビでもやっていましたが、「アイスノンを首に巻く」。正直、ファッション的にどうなんだ?とは思いましたが、カリスマモデルが宣伝したら意外といいかもしれません。猛暑となったら、背に腹はかえられませんしね。

…と、こんなことをモワッとした電車の中でぽーっと考えていました(@_@)。
考え始めるときりがないです。
あり得ないようなことも「もしかしたらできるかも?」なんて想像していると、何かに追われた現実生活の中にも余白がでてきて、気持ちのゆとりを感じます。

みなさんからの斬新なアイディアもお待ちしております☆

by clovercl | 2011-05-21 10:30 | スタッフ雑記 | Comments(4)  

Commented by ikebin at 2011-05-21 10:56 x
山本さん、アイデア宝庫ですね!
アロマ電車、いいですね。私もカモミール大好きです。
あの香りは何ともホッとします。
クールビズはどんどん進めるとよいと思いますが、
私の職場ではなぜかアロハは禁止なっていました。
アロハを着てサングラスしたまま授業やったりしたらおもしろいと思うのですが、生徒に制服着せていてそれは悦難しいでしょうか…。
教室は蒸し風呂です。人間は一人当たり、60W以上の熱源です。
GWウィークに植えたキュウリとゴーヤは伸びてきています。キュウリの方はあと2、3日で食べられそうです。自宅で精米した時に発生した米ぬかをひと冬まき続けた土なので養分満点のようです。(今は玄米にしてしまい、ぬかはでなくなりました)
今日もこれから試合の引率で駒沢に行き、その後、水質検査のサンプル採取に多摩川に行きます。自然を感じられたいいなあと思っています。
Commented by のび太 at 2011-05-22 23:26 x
こんにちは。いろいろな考えがありますね。
ゴーヤ電車とはいいと思います。

蛇足ですが私は通勤は路面電車です。夏はたまに貸切ですが「ビール路面電車」を見ますよ。路面電車の中が
ビアガーデンです。
Commented by toyaman at 2011-05-27 01:42 x
仕事が忙しくて、ご無沙汰しました。
西日本の梅雨入りが告げられ、関東ももうすぐですね。
さて、男性の夏服の件、私の小学生の頃までは、ノーネクタイで襟がたっていない半袖の「開襟シャツ」が普通でした。その後、半袖で襟の立った、商品名「ホンコンシャツ」がで、冷房の普及とともに、長袖ワイシャツ(西日本ではカッターシャツと呼ぶ)とスーツ着用となった記憶があります。ワイシャツ+ノーネクタイはどう見ても格好悪いので、昔ながらの開襟シャツに戻せば良いと思います。
電車の冷房について、’70年代迄、国鉄時代ですが、毎年、NHKのニュースでも「今年の山ノ手線(当時はノ付き)の冷房化率は78%」などとやってました。非冷房車のときは、乗車時に外から2段窓の、上段の窓をすばやく跳ね上げ、乗車したものでした。今の車両は簡単に窓が開かず、天井の自然換気口もなく、ラッシュ時にはちょっと乗るのをためらいます。でも今年は耐えるしかないようですね。早朝の時差出勤ですかね・・・。
Commented by clovercl at 2011-05-27 15:18
>ikebinさま

「アロハシャツにサングラス」のアイディアは最高ですね(^^)!
あまりのインパクトに、暑いことも忘れてしまいそうです。

きゅうりとゴーヤの栽培も順調のようですね。安心で栄養満点の土なので、今後もすくすくと成長してくれるのではないでしょうか。
水探しと自然とのふれ合いもぜひ楽しんでください(^^)。

>のび太さま

都会の満員電車はちょっと味気ないものがありますが、
路面電車での通勤とはいいですね♪風情を感じます。
路面電車も満員電車と化してしまうのかもしれませんが、時間がゆったりと流れてくれる気がしてうらやましいです(#^.^#)。
「ビール路面電車」も乗ってみたいですね。

>toyamanさま

お仕事、お忙しそうですね。お疲れ様です。

男性の夏服、そして電車の冷房。それぞれにはそれぞれの歴史があったわけですね。大変勉強になりました。

最近の電車は確かに窓が開かないタイプもありますね。関東も梅雨入りもしたので、湿気も高くなりそうですし。
いつもよりも少し早めの時差通勤で、ちょっとでも気分良く過ごせれば、と思っています。

山本

<< 足元 アロマ >>