<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

思い込み

みなさま、こんにちは。山本です。

さて、2週間ほど前のことです。
私はコンタクトレンズで視力矯正をしているのですが、目がしょぼしょぼしたり視点がぼやけたりする違和感が増えていました。
「花粉症の影響かな?」
「また最近、視力が下がってしまったかな」
「眼科受診しないとな」
「目を休めてみようか」
などなど、見えづらいと感じるごとに、色々な理由や対策を考えていました。

「もしかしてコンタクトが左右、反対だったりして?!」と思ったこともありましたが、
「いやいや、視力が下がってしまったに違いない」と、自分の思い込みの方を信じ続けていました。

面倒がって、なんとなくそのままの状態を続けていたのですが(_ _;)、
その後やっと「コンタクトを反対に付け直す」という行動をとってみるチャンスが訪れました。

すると、よーく見えるではありませんか('Д')!!

私の場合、乱視があって右と左とでは見え方が違うため、
コンタクトを正常な状態に戻して、あっさりと一見落着。

実は私、この経験は2度目でして。。。
前回は、眼科にまで行きました。そしてそこで「左右逆ですよ」と宣告され、恥ずかしい思いをして帰ってきました。
それなのに、、です。
自分の”思い込み”によって、勝手に振り回された数日間でした(T_T)。

「こうであるはず」と自分で強く思っていても、それが、真実ではないことがあります。
実際に確認したり、実験してみたり、客観的な視点で判断してみることは大事なことですね。

普段の生活の中でも、「この人はこういう人だから」とか「この場合はこうに違いない」とか、
自分の”思い込み”が強いことで、余計にその考えに縛られてしまうことってありますね。
自分の”思い込み”をいったん取り払ってみると、案外、いい答えが得られるかもしません。

”思い込み”に要注意…

[PR]
by clovercl | 2017-02-28 10:00 | スタッフ雑記 | Comments(0)

2・22 にゃんこの日

みなさま、こんにちは。野口です。

さて、今日は2月22日。2並びで「にゃんこの日」です!
そこで、うちの猫の画像をご覧いただきましょう。

まず1枚目。黒猫の「サクラ」です。

b0117785_18033445.jpg

こんなふうにじっとしているところを写真に撮れるのはめったにありません。
貴重なおすまし写真ですね。

では、2枚目を。
b0117785_18034040.jpg

・・・こちらもサクラです。同一猫とは思えない、顔の変わりようですね~

猫を飼い始めて1年半ほど経つのですが、かわいいのはもちろんですが、
生き物の世話をする責任の重さを痛感することが多々あります。
そして、人間の思い通りには動いてくれない猫に
毎日のように「コラ!」「やめなさい!」「何してんの!」と怒ってばかりです。

ときどきそんな自分が嫌になりますが、
猫はこちらのいうことは聞いてくれない生き物なので、
もうあきらめて、猫とうまく共生できればいいや…と考えるようになりました。

猫に合わせて人間が変わっていくしかないのですね。
猫にしつけられているのは私の方なのかもしれません(^^;)


[PR]
by clovercl | 2017-02-22 16:00 | スタッフ雑記 | Comments(0)

ポリフェノール野菜

みなさま、こんにちは。山本です。

花粉症の季節がやってまいりましたね…
私はスギ花粉アレルギー持ちなので、この季節は花粉情報が気になります。
特に風が強い日は目や鼻に症状が強く出るので、外出するのが恐怖です(>_<)。

今年の花粉の飛散予報からは、関東地方は、前シーズンと比べるとやや少ない見込みだそうです。
例年比でみても、関東地方はやや少ないだろうとのことで、これは嬉しい情報です。

花粉症対策としては、ヨーグルトや、ポリフェノールが多く含まれる野菜を摂取するとアレルギー症状を軽減できるようです。
ほとんどの野菜にポリフェノールは含まれているとのことですが、
トマト、レンコン、ニンジン、大根、さつまいも、ほうれん草 あたりは多く含まれていて、かつ手に入りやすい野菜ですね。

さて。これらの野菜を使った、なにか良いレシピはないだろうか?

…迷わず、クックパッドでレシピ検索に限ります!(^^)!

花粉症の季節はまだ当分続くので、無理なく継続的に摂取していける野菜メニューがいいですね。
検索した中では、ポリフェノール野菜がいっぱい入ったミネストローネ、カレーに惹かれました。
寒い季節にピッタリです。
しかも、簡単そうです!!(これ重要^^)
体の中からも、花粉症に強い体質を作っていきたいと思います。

[PR]
by clovercl | 2017-02-21 09:30 | スタッフ雑記 | Comments(0)

普段の暮らしを丁寧に

みなさま、こんにちは。野口です。

今日のブログタイトル、どこかで見たことがあるような気がしますが、
あまり気にしないようにしましょう(-_-)

私はわりとよくコーヒーを飲みます。
朝食はほぼ必ずコーヒーをお供にしていますね。
でも、出勤前で忙しい時間帯ですから
インスタントコーヒーで適当に済ませてしまっていました。
(でも、自動でインスタントコーヒーを入れてくれるアノ機械を導入しているので
そこそこおいしいコーヒーが飲めるんですよ!)

でも、最近になってやっぱりドリップしたコーヒーもいいのでは、と思う機会があり、
久しぶりにコーヒー豆(ひいた粉)を買ってきてハンドドリップをしてみました。

ケトルに水を入れて火にかけ、お湯が沸く間にコーヒーをドリッパーに入れます。
お湯が沸いたら少しお湯を注ぎ、コーヒーを蒸らしたあとで徐々にお湯を注ぎます。

さて、出来上がり!
うん、いい香り♪ さてお味は・・・あれ?やや薄い・・・

久しぶりのドリップコーヒーはちょっと失敗だったようです。
でも一連の動作をしておいしいコーヒーを想像している間は
ちょっとしたワクワク感がありました。

コーヒーも、豆の種類、焙煎の具合、粉の量、お湯の温度、お湯の注ぎかた、お湯の量
といったそれぞれの具合で、出来上がりは全く変わってきますよね。
とっても美味しいコーヒーを淹れるのは難しいですが、
あれこれを考えてコーヒーを淹れるということに集中するのは
なんだか楽しいなと思えてきました。

(文字通り)機械的にコーヒーを作って飲むとしていましたが、
少し視点を変えて ”おいしいコーヒーをこだわって淹れる” にすると
日常生活にある立派なお楽しみになるのだな、と発見しました(^^)



[PR]
by clovercl | 2017-02-17 16:37 | スタッフ雑記 | Comments(0)

学ぶ気持ち

みなさま、こんにちは。山本です。

吉祥寺近辺にはいくつか大学があります。
今は入試シーズン真っ只中で、駅周辺には、大学名の入ったジャンパーやプラカードを持った人が朝から誘導をしていたり、受験生がノートに目をやりながらバス停で長蛇の列を作っていたりと、見ているこちら方が緊張してくる光景です。

高校生や大学生のころを思い返してみると、まだ自分の将来や社会人がどういうものなのか?はっきりしたものは描けず、なんだか自分のことでないような曖昧なイメージでした。
勉強も、一番の目的は試験をパスすることで、まだ「勉強させられている」感の方が強かったかもしれません。
もちろんそうでない人もいますが、私にはそんな先のことまで見据えられるほどの余裕はなかったのだと思います。

…そして今。
試験勉強に追われることはなくなりました。
幅広く知識を詰め込むような勉強も、しなくてよくなりました。

そうすると、不思議なことに、今度は「勉強したく」なってくる自分がいます。
このモチベーションを受験生の時に出せていたら!!
…結果はたいして変わらないと思いますが(笑)

10代・20代のころに比べると、記憶力が低下しているのが残念です(-_-)
それでも、何歳になっても、何かを学びたいと思うエネルギー、気持ちは大切にしたいなと思っています。

[PR]
by clovercl | 2017-02-15 10:26 | スタッフ雑記 | Comments(0)

雪やこんこ

みなさま、こんにちは。野口です。

今日はまた特に寒いですね~。
山本さんがブログで「三寒四温」のお話をしていましたが、
今のところ「温」はほんのちょっとで、圧倒的に「寒」の日が多いです。
早く暖かくなってほしいです(+_+)

今朝、最寄りの駅まで歩く間は雪がちらついていました。
吉祥寺についたら小雨に若干みぞれ交じり?な感じでしたが、
お昼を過ぎてもまだ降り続いていますね。
天気予報によると今日は一日降ったりやんだりみたいです。
お帰りのときも足元、そして寒さにどうぞお気を付けください。

今日のタイトル「雪やこんこ」は
はたと思い出した童謡”雪” の歌いだしです。
私は子供の頃、この歌を「雪やこんこん、あられやこんこん」と歌っていました。
こんこんって何だろう?と疑問に思いつつも、まあいいや、と(笑)
「こんこ」というのはどうも古い言葉で意味ははっきりしないようですね。
「来る」と関連があるのだろうとのことです。

なんとなく雪が降ると「雪やこんこ♪」と口ずさみたくなります。

[PR]
by clovercl | 2017-02-09 14:45 | Comments(0)

三寒四温

みなさま、こんにちは。山本です。


『三寒四温』という四字熟語は、漢字からもその意味が想像しやすい言葉ですね。
厳しい寒さが続いた後、寒さの緩む日(暖かい日)がやってきて、
その周期を繰り返しながら、徐々に春に向かっていく、という意味として使われています。

この言葉、春先のイメージが強いのですが、本来は、冬(1、2月)の季語、時候の挨拶言葉なのだそうです。
ちょうど、今くらいの時期に使うのが適切ということですが・・・
まだまだ暖かい日が少ないので、少し使いづらい感があります(^_^;)

さて、この『三寒四温』という言葉は、“うつ病”の回復過程を表現する例えとしても、よく用います。
私も患者様とお話するときに、時折この表現を使います。

「調子が良くなってきたなー」と思っていた矢先に、ちょっとしたことでも不調になってしまうことがあります。
そうすると、「また振り出しに戻ってしまったのではないか」と落ち込んでしまうかもしれません。

あるいは、早く元気になりたいと思っていても、なかなか思うように回復していかないと、
「なんでよくならないんだ」と、焦ったり不安になってしまったりするものです。
病気についてよくわからなければ、こういった心境になるのは当然ですよね。

うつ病の回復過程は、症状の波(調子が良かったり悪かったり)を繰り返しながら、緩やかに回復していきます。
少しもどかしいです。
不安にもなると思います。
でも、そういう風にして回復していきます。

回復までの道のりは人それぞれですが、必ず、冬の後には春がやってきます。
不安な時は、『三寒四温』と心で唱えてみてください。

[PR]
by clovercl | 2017-02-07 09:30 | スタッフ雑記 | Comments(0)

立春

みなさま、こんにちは。野口です。

今日は2月4日、立春です。
「暦の上では春」というわけですが、まだまだ寒い寒い・・・
気づくと肩をすくめて背中を丸めて道を歩いているので、
いかんいかん、背筋を伸ばしてカッコよく歩かなくちゃ!とする毎日です。

さて、立春ですが ”二十四節気” のひとつであることはご存知ですよね。
私もなんとなく季節を表す24個の言葉、というぼんやりとした理解しかしていないのですが、
この機会にちょっと勉強してみました。

立春は「春の気たつを以て也」という意味で、この日から立夏(5月6日頃)の前までが春なのだそうです。
そして立春の次の二十四節気が ”雨水” (2月19日頃)です。
立春というのはこの節の入り口の節目の日を表すものであり、
かつ、次の雨水の前日までの約15日の期間を指す言葉でもあるそうです。
なるほど~

寒さの厳しい時期ですが、徐々に日も伸びていって、
窓際のぽかぽか陽気など、温かさを感じる瞬間も時々現れますよね。
雨水は、空から降るものが雪から雨に変わる頃、積もった雪が融ける頃の意味だそうです。

立春、雨水と徐々に春は近づいているのですね♪

[PR]
by clovercl | 2017-02-04 09:59 | Comments(0)