時短調理と解凍調理(^^)/

みなさま、こんにちは。山本です。

日々の食事作りって、結構大変ですよね。
一人暮らしの方は特に、疲れて帰ってきて、そこから作り始める…というのは気が重いはずです(+_+)
家で作って食べた方が、健康面でも経済面でもよいだろうけど。。。

私も日ごろから、日々の料理が楽になるアイディアがないか?と試行錯誤している身です。
平日の調理時間は、だいたい30分以内。できれば15分前後がベスト(笑)!
そこで行き着いた1つ目の答えが、『下準備』。

せっかく家で食べるのであれば、野菜を入れた料理を作りたい。
でも、野菜は、皮をむくとか、洗うとか、刻むとか…そういう作業がくっついてきます。
その時間が省けると時短はさることながら、気持ちの上でも”楽さ加減”が違います(個人的な体験談ですが)。

そして、もう1つの答えが『アレンジ』。

例えば、人参、レンコン、ほうれん草を、切って茹でた状態で、タッパーに入れて保存しておきます。
ある日は、レンコンのはさみ焼き(ひき肉を挟んで焼く)
ある日は、ほうれん草の胡麻和え(調味料であえる)
ある日は、人参とレンコンのきんぴら(炒める)
ある日は、人参とほうれん草のナムル(調味料であえる)+キムチ+肉そぼろ➡ビビンバ
ある日は、人参とレンコンの味噌マヨサラダ(調味料であえる)

など。。。
調味料と料理法を変えて、とにかく使いまわします(笑)!

下ごしらえがしてあると、1から煮たり焼いたりするより、格段に早くできます。
その食材に飽き始めてきたら➡「冷凍」♪
ちょっと余った時も「冷凍」♪

何も作りたくなーい(作る余裕もなーい)時は、冷凍庫の中のものをチンして食べる生活( ˘ω˘ )。

「こんな質素すぎる生活じゃ、元気がでない!」という方は、平日のうち半分くらいは外食したり、一品買って帰るというのもいい手ですね。
時短調理と、解凍調理をうまく使って、平日を乗り切り、休日は手間のかかる料理を作ったり、自分では作れないものを食べに行ったり(*^_^*)、メリハリつけると長続きするかもしれません。

食事の時間が「楽しみ」と「疲れを癒し明日への元気を作る」時間になるといいなと思っています。

[PR]
by clovercl | 2017-12-05 09:30 | スタッフ雑記 | Comments(0)