今年の一文字

みなさま、こんにちは。山本です。

今年の漢字は、『金』でしたね。
もうそんな時期なんだな~と、年の瀬であることを再認識させられます。
例年、一年の締めくくりとして、自分にとっての「今年の一文字」を考えていますが、非常に難しい課題です(^_-)

・・・悩んだ末、今年は『復』にしました。

今年は4月に産休・育休から帰し、新しい生活スタイルに慣れず、日々奮闘していました(正確には、現在も進行中です・・・)。
課題は依然として山積みですが(^_^;)、“悩むよりとりあえず動いておこう”の精神でやってみると、案外なんとかなるものだな、というのが楽観的な感想です。

職支援(リワーク)プログラムも、あっと言う間に10年目!に突入しました。
大きな変化はありませんが、年輪のように、少しずつ積み重ねてきたものが形になっていることを確認すると、嬉しさと、これからへの希望、さらによりよいものにしていきたいという熱い思い(^_^)が沸いてきます。

1年という歳月での自分を一言で言い表すのはとても難しいですが、
振り返ってみると、心に落ち着きと穏やかさを感じました。

振り返る時には、できなかったことを悔いるよりも(そちらの方が気になりやすいですし、確かにそれも明日への原動力になるかもしれませんが)、自分がやれたことを認める、というポジティブな側面も忘れずに見ていきたいものだなと思っています。

そして・・・来年に向けて、期待?!の一言は、『余』です。
余裕、余力を残し、余暇を充実したものにできればと思っています(^^)

[PR]
by clovercl | 2016-12-20 09:30 | スタッフ雑記 | Comments(0)