曇りのち集中豪雨のち晴れ!

みなさま、こんにちは。野口です。

先日の7月3日、4日は暑かったですねぇ(+_+)
自宅にいるとき、何もしないでいても滝のように汗が出てきて
どうにかなってしまうのでは?と思うほどでした。
もちろん、適宜エアコンは使いましたけどね。
みなさまも熱中症などに十分お気を付けください。

さて、4日の夕方ですが、ものすごい集中豪雨が降りましたよね!
私はそのとき、出かけるため車を運転していました。
曇り空で雷も鳴りだし、「雨が降りそうだなぁ」と心配をしていた矢先、
ポツポツと雨が降り出したと思ったら、
ゴーーーーーっと、あっという間にものすごい量の雨が降り出しました。

ワイパーを最高速度で動かしますが、もはや雨がすごすぎて追いつきません。
前が全く見えないと言っていいくらいです。
いやぁ、怖かったですね。
できるだけ速度を落とし、事故を起こさないよう
最大限の注意を払って、慎重に運転しました。
もうこのときの心の中は、恐怖、不安、緊張100% といった状態です。

そんな集中豪雨も数分程度で雨脚が弱まり、しばらく経つとかなり小雨になって
ところどころ雲間から青空さえ見えてきました。
運転しながら、私は心底ほっとしました。
何事も起こらず、本当に良かった…と安堵の気持ちになりました。

このとき、おそらく20分ほどの短い時間だったのですが、
私の心の中も、空のお天気と一緒で実に目まぐるしく変わっていきましたね。
後でふと思ったのですが、リワークのCBTプログラムで取り上げている
”マインドフルネス” の比喩にそっくりだなと気づきました。

ーーーーー
心を広く透き通った“空”だとします。
全ての感情や思考や感覚は、“空”そのものには何ら影響を与えずに
通り過ぎる天気のようなものです。
雲、風、雪、虹が現れては消えますが、“空”はいつもただ“空”として存在します。
ーーーーー

なるほど、確かに雨がひどいときは心の中も嵐が吹き荒れるようでしたが、
小雨になってきて安堵すると、またいつもの心の状態に戻ったように思います。
ものすごい緊張と不安に襲われても、それが過ぎれば
またいつもの心=“空”がただそこにある・・・そんなことを実感しました。
[PR]
by clovercl | 2016-07-06 10:30 | スタッフ雑記 | Comments(0)

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ


by clovercl
プロフィールを見る
画像一覧