雨の音

皆さま、こんにちは。
三戸です。

昨日、東京は雨が降りましたが、今日は快晴で気分も晴れやかになってきます。
雨といえば、そろそろ梅雨の時期が近付いてくる頃ですね。
私は髪がくせっ毛なので、梅雨時期はどうしても朝から憂鬱な気分になりがちです(笑)
外出するにも服や靴が濡れてしまうので、出不精になりやすいです。
他にも、部屋干しの洗濯物によって家の中までジメジメしてくることや、電車やバスを利用する人が増えて混み具合が増してしまうことも雨が嫌いな理由です…

そんな私にとって天敵な雨ですが、「雨もいいなぁ」と思える瞬間も実はあるのです。
それはどんな時かと言うと、夜、雨が降っている音を聞きながら寝るときです。
『ザー』という雨の音を聞きながら目を閉じると、なんだかだんだんリラックスしてきて、ぐっすり眠れるんです。

ということで、「どうして雨音を聞くと眠りやすくなるのか」ということについて、今回もネットで調べてみました(^^♪

自然界の音が持つリズムには「ゆらぎ」というものがあるそうです。
例えば、寄せては返す波の音は一定ではなく強くなったり弱くなったりしますが、この自然界のリズムは完全に規則的でも全くのランダムでもないちょうどいい具合のゆらぎになっています。
このような、ちょうどいい具合のゆらぎのことを「1/fゆらぎ」といって、私たちが一番最初に耳にするのは、お母さんの胎内にいる時だそうです。
心拍感覚や体温変化、呼吸数といった人間の生体リズムも「1/fゆらぎ」を持っていて、羊水の音やお母さんの心音にも「1/fゆらぎ」のリズムがあるんですね。
大人になっても、自然音を聴いてリラックスできるのは、お母さんのお腹の中にいた環境を無意識に思い出すきっかけになり、気持ちが落ち着き、とても安心できるため、とのことでした。

雨の音に限らず、小鳥のさえずりや小川のせせらぎ、波の音といった自然界の音を聞くとリラックスできるのはこういった理由があったんですね。
もちろん、リラックスの程度には個人差があるので、「雨の音なんてうるさくて逆に眠れない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとってはノーコストの安眠グッツになっていたようです(*^▽^*)

日中は鬱陶しさを感じるかもしれませんが、どうせ降るなら夜中も降っていてほしいなぁと思います♪
[PR]
by clovercl | 2016-05-18 12:54 | スタッフ雑記 | Comments(0)