触りすぎ注意!

皆様、こんにちは。三戸です。

GWはいかがだったでしょうか?
今日からお仕事開始の方もいらっしゃれば、日曜日までお休みの方もいらっしゃると思います。
ちなみに吉祥寺クローバークリニックは今日から開いております(o^^o)

私はというと、今年のGWは奈良の鹿公園まで足を延ばして鹿の大群と会ってきたのですが、旅行客も多く、鹿の方も鹿せんべいのもらい過ぎで、満腹のようでした。
いつもはせんべい欲しさに寄って来てくれるみたいですが、今回はドシッと横になった鹿ばかりでせんべいもあげられず、少し残念でもありました。
しかし、横になってじっとしてくれていたために、生まれて初めて鹿の角に触ることができたんです!!
鹿はやや迷惑そうだったので、少しだけ触ってみたのですが…
皆様知っていましたか??
鹿って角にも毛が生えているんです!
しかも体の毛よりも柔らかくて薄い毛です。
動物の角ってツルツルしているイメージだったので、どうして角にも毛が生えているのか気になって、調べてみました♪

鹿の角は雄鹿にしか生えて来ず、3月・4月になると抜け落ちてすぐに生え変わるそうです。
生えたばかりの角は柔らかく、血が通っており、産毛が生えているようです。
この時期の角のことを「袋角」と呼びます。
そして徐々に角は大きくなり、9月頃には硬く、先端は尖ってくるとのことでした。

なるほど。
だから産毛が生えていたというわけですね。
生え変わった後の数か月しか見られない角の産毛を触れたなんて、感動ですね!!
あのふわふわほわほわな毛をもう一度触ってみたい気もしますが、鹿が「ヤダヤダ!」と首を振るので、今度行ったときは触るのは我慢しないと(笑)

皆様も鹿と戯れる機会がありましたら、産毛にも注目してみてくださいね♪
[PR]
by clovercl | 2016-05-06 15:53 | スタッフ雑記 | Comments(0)