常にカラダを動かそう

みなさま、こんにちは。スタッフの野口です。

1月も下旬となり一段と寒い日が続くなか、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は今になってもお正月太りが解消されず、少々困っています。
というより、年々少しずつ体重が増えていって、減ることはないという状況なのです…

そこで、ダイエットというよりは健康なカラダをつくって維持したい、という思いから
どうしたらよいかを少し調べてきました。

健康のためにはバランスのとれた食事と適度な運動、規則正しい生活リズムなどが
大事なのは言うまでもないのですが、食事でとったエネルギーをきちんと消費することが
適正な体重維持には大切なようです。
そこで出てくるのが、基礎代謝量という言葉。
基礎代謝とは、何もしていない状態でも必要最低限となるエネルギー量のことで、
人が一日に消費するエネルギーの6~7割にもあたるそうです。

ですので、この基礎代謝量を上げることがとても大切なのですね。
この基礎代謝量は筋肉の量と相関していて、筋肉が多いほどエネルギーも多く使うとのこと。
だから筋力アップを図ればOKというわけですが、
運動をする機会の少ない人でも、日常生活のなかで常にカラダを動かすことに
意識を向ければ基礎代謝量を上げることができると学びました!

まずはできることからやってみたいと思います。
・胸を張って、よい姿勢を保つ
 (自然と腹式呼吸をするようになり、腹筋や横隔膜が鍛えられる)
・電車に乗るときは、目的地の一駅前で降りて歩く
・エスカレーター・エレベーターより階段を使う
 (階段の上り下りは普通に歩く2倍以上のカロリーを消費するとのこと)
・電車の中では立って、足を踏ん張ることで筋力アップ

通勤のとき電車で座れなくても、これからは「今、私は筋力アップのトレーニング中なんだ!」
と考えることでポジティブな気持ちになれそうです。
普段の生活のなかで、少しずつ頑張って取り組んでみたいと思います。
[PR]
by clovercl | 2015-01-23 10:00 | スタッフ雑記 | Comments(0)

こころのクリニックで働くスタッフ達のブログ


by clovercl
プロフィールを見る
画像一覧