『南極料理人』

みなさま、こんにちは。山本です。

11月に入り、空気が一段と冷たくなってきましたね。
昨日の高橋さんの記事には鍋ランンキング!が紹介されていましたが、
我が家も最近よく鍋をします。

作る側としても楽チンですし、体も温まるので寒い日は食べたいなーと思ってしまうのですが、
ただ、鍋の最大の問題点は「何日か続くと、初日ほどの感動がなくなってくる」という点です(^_^;)。
そこで思い出したのが、『南極料理人』西村さんの“使い切りレシピ”。
テレビ番組で見たことがあるのですが、とにかく前日の料理をリメイクにリメイクを重ね、料理を残しません。しかも、おいしそうで、そこが真似したいところです♪

そこで、我が家も“鍋”でリメイクを。
最初は「鳥がらスープの塩あじ鍋」でスタートした鍋ですが、
翌日には「豆乳」をプラスし、味を少し変えてみると、こってりまろやかに。
適当に考えて入れてみたわりには、なかなかの満足感でした(^^)/
最終日はそこに味噌とラーメンを入れて、「豆乳味噌ラーメン」で締めです。

西村さんは、前日の料理を全く違うものに大変身!させていたかと思いますが、
我が家は「鍋」の域は抜け出せないところが、もう一息です(@_@;)。

ちなみに、映画『南極料理人』(堺雅人さんが主演をしている映画)も、オススメです。
キャスト同士の掛け合いがコミカルで面白いのと、南極での想像もできない生活が意外にも楽しそうなことに目を奪われました。
その時はあまり「料理」に注目していませんでしたが、
改めてそういう視点で見直してみても面白そうだなと思いました。
[PR]
by clovercl | 2014-11-08 09:10 | スタッフ雑記 | Comments(0)